シトルリン 増大 サムネ

 

 

増大サプリの主成分として目にすることが多い「シトルリン」。

しかし、本当に増大効果があるのかは謎に包まれています。

そこで、今回はシトルリンの増大効果について徹底的に分析してみました!

シトルリンってどんな成分?

まずはシトルリンがどんな成分なのかを明らかにしましょう!

遊離アミノ酸に分類される

アミノ酸

シトルリンとはスイカなどのウリ科の植物に多く含まれているアミノ酸の一種。

数あるアミノ酸の中でも遊離アミノ酸に分類されるシトルリンは、その機能性の高さからスーパーアミノ酸と呼ばれることもあります。

ほとんどのアミノ酸はアミノ酸同士で結合することで人体の血管や筋肉、臓器などのタンパク質を構成しています。

遊離アミノ酸とはそんなアミノ酸の中でもタンパク質の構成に関与しないもののことを指します。

他のアミノ酸と結合せずそれぞれがバラバラな状態で体内に存在していることから「遊離」アミノ酸と呼ばれているのです。

遊離アミノ酸は血液中や細胞などに単体で蓄えられており、必要な時にすぐ働けるように常に準備した状態で体内に存在していることも特徴の一つです。

 

NO(一酸化窒素)を生み出し血流を促す

NO

シトルリンの代表的な効果がNO(一酸化窒素)の生産作用による血流促進効果です。

まずシトルリンは肝臓の肝細胞に存在する尿素回路で働きます。

尿素回路とはアミノ酸の分解や激しい運動時に発生したアンモニアを尿素へと変換するための代謝サイクル。

アンモニアは人体にとって有害であり疲労の原因にもなるため、無害な尿素へと変換し体外に排出する必要があります。

シトルリンには上記のような尿素回路の代謝機能を促す働きがあるのです。

尿素回路ではアンモニアの代謝後にNOが生産されているため、シトルリンが尿素回路の働きを促すことでNOの生産性が向上します。

NOは血管内に入ることで血管の柔軟性を向上させます。

そして柔軟性の増した血管が拡張することで血流が促進されるのです。

 

含まれる食べ物

スイカ

シトルリンとはスイカの学名「シトルラス ブルガリス」から名づけられており、その名の通りスイカに多く含まれます。

特に多く含まれているのがスイカの原種でもあるカリハリ砂漠に自生する野生スイカ。

また、シトルリンはスイカ以外にも多くのウリ科の植物に含まれており日頃の食事からも摂取することができます。

代表的なウリ科の植物100g当たりのシトルリン含有量が以下です。

スイカ 180mg
メロン 50mg
クコの実 34mg
きゅうり 5~10mg
にがうり 2~16mg

上記以外にも冬瓜やヘチマなどウリ科の植物の多くにシトルリンは含まれています。

シトルリンは比較的身近な食材からも摂取できる成分なのです。

しかし、シトルリンの推奨摂取量は1日あたり800mg

800mgという量を毎日食事のみで摂取することは難しく、推奨摂取量をクリアしたければサプリからの摂取が現実的です。

 

シトルリンの増大効果について徹底的に調査

では、シトルリンの増大効果について見ていきましょう。

長さの増大効果は確認されていない

男性

増大成分としても知られているシトルリン。

実際に増大効果を謳うほとんどのサプリメントにシトルリンが含まれています。

しかし実はシトルリンは長さに対する科学的な増大効果が確認されていないのです。

そもそも飲んだだけで増大するような成分は現代科学において未だ存在しません。

ましてやシトルリンは天然の植物にも含まれるアミノ酸ですから摂取するだけで増大するような効果はないのです。

シトルリンから得られる最大のメリットは前述にもあるNOの生産作用による血流促進効果です。

血流をいくら促進しても男性器の長さが物理的に増大する事はありません。

シトルリンは増大サプリに含まれることから増大効果を期待されがちですが、長さの増大を期待して飲むはやめておきましょう。

 

太さや硬さの増大は期待できる

男性

残念ながらシトルリンに長さの増大効果はありません。

しかしシトルリンを摂取することで太さや硬さが増大することは考えられます。

男性器は海綿体と呼ばれる毛細血管が集まった組織です。

性的興奮時には海綿体に多量の血液が流れ込みます。

流れ込んだ血液により海綿体の内圧が高まることで、膨張し硬くなるのが男性器の勃つという現象です。

シトルリンには血流の促進効果がありますから、シトルリンを摂取することで海綿体に送り込まれる血液量が増えます。

海綿体内の血液量が増えればその分内圧が高まるためより太く硬く勃つようになるのです。

本当の意味での増大とは異なりますが、シトルリンの血流促進効果は勃ちの質を向上さることで増大効果を生みます。

太さや硬さに自信がない方や衰えを感じている方にもシトルリンはおすすめです。

 

ED(男性機能不全)の改善にも良い

男性

シトルリンはEDの改善にも効果があります。

前述のとおり、男性器の海綿体組織は血管の塊ですから血流と勃ちには密接な関係があります。

実際に血流の悪化はED(男性機能不全)の原因の一つにもなっており、ED治療においても血流の改善は重要とされているのです。

しかし残念なことに血流の状態というのは加齢とともに悪化していく傾向にあります。

血管年齢という言葉があるように、血管はさまざまな要因で加齢とともに伸縮性や柔軟性を失っていくのです。

年齢を重ねると動脈硬化や高血圧という症状が出るのはこのため。

血管の状態が悪くなれば当然血流も悪化しますから勃ちにも悪影響を及ぼします。

加齢とともに勃ちが悪くなる原因の一つが上記のような血管や血流の悪化です。

そのためシトルリンから得られる血流改善効果にはEDの改善が期待できるのです。

 

ED治療薬のような即効性はない

バイアグラ

シトルリンには確かに血流促進効果がありEDの改善効果も期待できます。

しかしシトルリンはあくまでサプリメントでありED治療薬のような即効性はありません。

そもそも医薬品であるED治療薬とサプリメントであるシトルリンはその目的が異なります。

ED治療薬は非常に強力な成分で強制的に血流を促します。

半ば強引に勃たせることを目的としているため当然即効性もあります。

一方でシトルリンサプリは長期間の継続的な摂取で体質を徐々に血流を改善することを目的としています。

シトルリン自体は天然由来の成分でありED治療薬と比べれば効果も弱く即効性もないのです。

シトルリンサプリによる効果はあくまで体質改善。

治療とは異なることを理解し即効性を過度に期待しないことが大切です。

 

アルギニンと同時に接種するべき

アルギニン

シトルリンと非常に相性が良く同時に摂取したいのがアルギニンという成分です。

アルギニンはアミノ酸の一種で非必須アミノ酸に分類されます。

アルギニンはシトルリンと同じく尿素回路の代謝を促す働きがありNOの生産にも関わっています

シトルリンとアルギニンは互いに協力するような形でNOを生産しているため、同時に摂取することでNOの生産性がより向上するのです。

実際にどちらかを単体で摂取するよりも同時に摂取した方が20%も多くNOを生産したというデータもありました。[参考]

また多くのサプリメントでシトルリンとアルギニンが同時に配合されておりその相乗効果が利用されています。

シトルリンサプリを選ぶ際にはアルギニンも一緒に配合されている商品を選ぶようにしましょう。

 

NO3が含まれるサプリとの組み合わせがベスト

ビートルート

シトルリン、アルギニンと併せてNO3(硝酸塩)が含まれるサプリを摂取することで、その効果をさらに高めることができます。

NO3には消化器官を通してNOを生産する働きがあります。

つまりシトルリン、アルギニンとは全く異なる場所でNOを生産できるのです。

尿素回路で生産できるNOにも限界がありますから、NO3によってNOの生産性が底上げされます。

尿素回路ではシトルリンとアルギニンが、消化器官ではNO3がそれぞれNOを生産するため非常に効率的にNOを生産できるのです。

NO3はビートルート(ビーツ)という野菜に多く含まれています。

日本ではあまり聞きなれない野菜ですがNO3が注目され始めてからはスーパーでも売られるようになりました。

しかしまだまだ流通量が少ないため、NO3の摂取が目的であればビートルートサプリを飲むのがおすすめです。

シトルリン、アルギニン、NO3の相乗効果で最大限の効果を引き出しましょう。

シトルリンに期待できるその他の効果

ここからは、シトルリンに期待できる他の効果を見ていきます!

運動能力の向上効果

男性

シトルリンには運動能力の向上効果があります。

シトルリンの持つNO生産による血流促進効果が運動能力を向上させるのです。

運動前のウォーミングアップは運動に備えて血流を促進させる目的もあります。

運動前にシトルリンを摂取することでさらに血流は促進され運動パフォーマンスの向上につながるのです。

またシトルリンによる尿素回路での代謝促進作用により運動時の疲労物質であるアンモニアや乳酸の排出効率が向上します。

疲労物質の排出がスムーズに行えるため、運動時に疲労が溜まりにくく持久力の向上効果も得られるのです。

シトルリンの運動能力向上効果はスポーツ界ではもはや常識。

プレワークアウトと呼ばれる運動前に飲むサプリにもシトルリンは配合されており、世界中のアスリートに愛用されています。

日頃からスポーツやトレーニングに取り組んでいる方にもシトルリンサプリはおすすめです。

 

冷え性の改善効果

火

シトルリンには冷え性の改善効果も期待できます。

冷え性の原因は主に血行不良。

血液は全身の細胞に栄養や酸素を供給しますが、体内で作られた熱を全身に伝えて体を温める役割も担っています。

血行不良の主な原因は運動や食事などの生活習慣によって、血管が柔軟性や伸縮性を失い細く硬くなってしまうこと。

シトルリンが発生させるNOには血管を拡張させ血流を促す効果がありますから、冷え性の原因である血行不良の改善が期待できるのです。

また血管の状態は加齢とともに悪化していく傾向にあり、歳を重ねると体が冷えやすくなります。

シトルリンは体の冷えに悩む中高年の男性にもおすすめのサプリなのです。

 

むくみの防止効果

女性

シトルリンにはむくみを防止する効果もあります。

シトルリンの持つ血流促進効果はむくみの原因である水分の滞りを予防できるのです。

むくみは特定の部位に余分な水分が溜まってしまうことで起こります。

全身の細胞へ水分を送っているのは血液です。

つまり血行不良による血液循環の滞りが水分の循環を滞らせむくみを引き起こしています。

シトルリンによる血流促進効果は血液の循環を促すとともに、余分な水分を排出することでむくみの防止にもなるのです。

むくみの悩みは女性に多いイメージですが、男性であっても血流が悪化すればむくみは起こります。

特に血液のポンプである心臓から最も遠く、重力の影響も受ける脚はむくみが起きやすい部位です。

デスクワークなどで座っている時間が多い方や運動不足の方は脚のむくみを感じている方も多いのではないでしょうか。

シトルリンはそんなむくみに悩んでいる方にもおすすめのサプリなのです。

 

アンチエイジング効果

加齢

シトルリンにはアンチエイジング効果も期待できます。

アンチエイジングとは日本語で「抗老化」といい文字通り老化に抗うという意味です。

シトルリンが生産するNOには老化を防止する効果もあるのです。

人体の老化に大きく影響している活性酸素という物質があります。

活性酸素は加齢や生活習慣の悪化などで増えていき肌のシミやシワ、血管や身体機能など体の外側や内側の老化を加速させます。

つまりアンチエイジングには体内で増えた活性酸素を除去していく「抗酸化」が非常に重要なのです。

シトルリンが生産するNOは抗酸化作用を持っており体内の活性酸素を抑制してくれる働きがあります。

また活性酸素の発生も抑制してくれるため活性酸素によるさまざまな老化を防ぐこともできるのです。

いつまでも若々しくいたい方や最近老化が気になっている人にもシトルリンはおすすめです。

 

記憶力の向上効果

脳

シトルリンには記憶力を向上させる効果もあります。

シトルリンが持つ血管拡張作用やそれによる血流促進効果が脳の機能を正常にし、記憶力や集中力を向上させるのです。

記憶力や記憶に必要な集中力を司っているのは脳です。

人間の思考を担っている脳は常に栄養や酸素を必要としています。

そんな脳へ栄養や酸素を送っているのが血液であり、脳が正常に働くためには脳への血流が正常でなければならないのです

脳への血流が滞ると精神疲労が蓄積され脳のパフォーマンスが低下することも分かっています。

シトルリンによるNO生産には血管を拡張させることで血流を促進する効果があります。

この作用は脳へ繋がる血管にも働きますから脳への栄養供給が十分行えるようになり、記憶力や集中力などの脳のパフォーマンスが向上するのです。

シトルリンは記憶力の低下を感じている人や試験などを控えている人にもおすすめのサプリと言えます。

 

高血圧の改善効果

血圧

シトルリンには高血圧を改善する効果も期待できます。

シトルリンが生産するNOが持つ血管拡張作用が高血圧の改善に繋がるのです。

高血圧の主な原因は血管が不健康であること。

運動や食事などの生活習慣や加齢によって血管の持つ柔軟性や伸縮性が失われ、細く硬くなることで血液が流れづらくなるのです。

シトルリンによって生産されたNOには細く硬くなった血管を柔らかくし拡張させる働きがあります。

この働きによって結果的に高血圧の改善が見込めるのです。

そのためシトルリンは高血圧気味な方にもおすすめのサプリと言えます。

ただし、既に降圧剤などの血圧を下げるための薬を服用している場合には注意が必要です。

シトルリンと降圧剤の併用は低血圧を引き起こす可能性もあるため必ず医師へ相談しましょう。

 

疲労回復効果

ストレス

シトルリンには疲労回復の効果も期待できます。

シトルリンの血行促進作用によって体内に溜まった疲労物質を排出を促すことで疲労の回復を早めることができるのです。

血行不良は肉体的な疲労が取れない原因の一つです。

血行不良が起こると体内に発生した疲労物質を体外に排出することができなくなります。

そのため疲労物質が蓄積されてしまいなかなか疲れが取れないといった状態になってしまうのです。

シトルリンを摂取することで得られる血流促進作用によって疲労物質の排出を促すことで疲労回復を早めることができます。

またシトルリンには疲労物質の発生を抑制する作用もあるため、そもそも疲れにくくなるといった効果も期待できるのです。

肉体的な疲労感がなかなか取れなくて悩んでいる方にもシトルリンはおすすめのサプリと言えます。

 

シトルリンの副作用

副作用

天然のバイアグラと呼ばれる程の効果が期待できるシトルリンですが、基本的には副作用の危険性のない成分です。

シトルリンの一日あたりの推奨摂取量は800mg。

ほとんどのシトルリンサプリがこの800mgを目安に配合されています。

ある実験では一日の推奨摂取量の10倍である8000㎎を摂取した場合でも、約15%の被験者に胃もたれの症状が発生した程度との報告があります。

上記の実験結果からも分かるようにシトルリンは推奨量を多少超えて摂取してもほとんどの場合問題はありません。

ただし、降圧剤などの血圧を下げる薬を服用している場合には注意が必要です。

シトルリンと降圧剤の併用は血圧が下げすぎてしまい低血圧を引き起こす可能性があります。

既に降圧剤などを服用している場合は必ず医師へ相談しましょう。

 

増大目的なら男性ホルモンを増やすべし

シトルリンには実にさまざまな効果があることが分かりました。

シトルリンによる血行促進効果は男性機能の回復だけでなく、健康面においても非常に良い効果を得られます。

しかし、増大効果に関してはあまり大きな効果は期待できないようです。

そもそもアソコを増大したいのであれば血流の促進だけでなく、男性ホルモンであるテストステロンを増やす必要があります。

テストステロンはアソコの大きさに深く関係しています。

実際に思春期に下半身が成長するのはテストステロンの影響なんです。

男性機能だけでなくアソコのサイズにも悩んでいる方は、ぜひ以下の記事を参考にテストステロンの増加に効果的なサプリを飲んでみてください。

精力サプリ研究所トップページ