精力が付く食べ物 サムネ

 

こんにちは!

精力サプリ研究所・編集部です。

今回は精力が付く食べ物について調査してみました。

精力が衰えて悩んでいる方はぜひ参考にして下さいね!

どんな食べ物に精力効果があるの?

食べ物

「精力がつく食べ物」といえばいくつかの食材が思い浮かびますよね。

しかし、精力がつく理由まで理解している方は少ないでしょう。

まずは、どんな栄養素や作用がある食べ物に精力効果があるのか調べてみました。

男性の精力に影響している重要な要素は以下の二つ。

  • 血流の状態
  • テストステロンの分泌量

それぞれ詳しく調べてみましょう。

まず、男性器は海綿体というスポンジ状の血管の塊です。

性的興奮時には多くの血液が流れ込み、膨張して硬くなります。

つまり男性機能には血流の状態が大きく関係しているのです。

また、男性の性欲には男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が大きく影響していました。

テストステロン分泌量増加は精力の回復に直結します。

つまり、「血流改善効果」や「テストステロン増加効果」のある食べ物が精力がつく食べ物なのです。

精力がつく食べ物と調理方法を部門別で調査

ここからは、精力がつく食べ物を部門別で調査していきます。

それぞれ見ていきましょう!

血流の改善部門

血流の写真

まずは血流の改善が期待できる食べ物を調査します。

 

青魚

食べ物

魚の中でも特に青魚には血流改善効果が期待できます。

詳しく調べてみましょう。

青魚の脂にはDHA・EPAという成分が多く含まれています。

そしてDHA・EPAには以下の効果がりました。

  • DHA ⇒ 血管の弾力性、赤血球の柔軟性が向上する
  • EPA ⇒ 血栓ができにくくなる

上記の効果から青魚には血流改善効果が期待できることが分かりました。

次に青魚のおすすめの調理方法についても調べてみました。

DHA・EPAは粘度が低いため、加熱することで外に溶け出してしまいます。

つまり理想の食べ方は「フライ」や「焼き」ではなく「お刺身」です。

ですが青魚は腐敗が早く、スーパーなどで売られている青魚のほとんどは加熱用。

そこでおすすめなのが、汁ごと食べる「汁物」や比較的低温で調理できる「煮物」です。

少し面倒ですが青魚を調理の際は加熱温度に注目してみましょう。

 

にんにく

食べ物

にんにくには血流の改善効果が期待できます。

具体的な成分や作用について調べてみましょう。

にんにくに血液改善効果が期待できる主な成分と作用は以下。

  • アリシンによる血栓防止作用
  • 抗酸化作用による血中の悪玉コレステロールの低下

いずれも結果的に血液をサラサラにする作用ですね。

さて、にんにくから得られる血流改善効果は分かりました。

しかしにんにくを食べるうえで気になるのが特有の「臭い」。

そこで、にんにくの臭いを抑える方法を紹介しておきます。

  • できるだけ切らない
  • 切断面を空気に触れさせない
  • 内側までしっかり加熱する

にんにくは切断面が気に触れると臭いが出ます。

つまり臭いを抑えるなら素揚げやホイル焼きなどの「切らない調理法」がおすすめなのです。

また、しっかり加熱することでも臭いを抑えることができます。

臭いが気になる方は上記の点に注意してみください。

 

スイカ

食べ物

実は夏の風物詩であるスイカには血流改善の効果があります。

早速詳しく調べてみましょう。

カギとなるのはスイカに多く含まれる「シトルリン」という成分。

シトルリンには血管内の一酸化窒素生産を向上させる作用があります。

結果、血管が拡張されることで血流促進につながるのです。

とは言え、大きいスイカは冷蔵庫内を独占します。

食べきれないこともあるでしょう。

そこでスイカを美味しく消費する調理方法を見つけました。

いずれもまずはスイカをミキサーでジュース状にします。

あとは、以下のお好みの方法で冷やすだけです。

  • スイカジュース ⇒ 冷蔵庫で冷やす
  • スイカシャーベット ⇒ 冷凍庫で凍らせる
  • スイカゼリー ⇒ ゼラチンを混ぜて冷蔵庫で固める

甘味が欲しければ砂糖やはちみつを足しましょう。

ミキサーさえあればやることは簡単なので男性にもおすすめです。

 

      うなぎ

      食べ物

      精力向上食材として知られるウナギにも血流改善効果が期待できます。

      ウナギの持つ成分や効果を詳しく調べてみましょう。

      ウナギには「DHA・EPA」に加え「ビタミンE」が豊富に含まれていました。

      DHA・EPA・ビタミンEの血流改善効果は以下です。

      • DHA ⇒ 血管の弾力性、赤血球の柔軟性が向上
      • EPA ⇒ 血栓の予防
      • ビタミンE ⇒ 血管の拡張促進、DHA・EPAの酸化防止

      DHA・EPAにビタミンEが加わることで血流改善効果はさらに増すのです。

      ウナギには「値段」という欠点があります。

      安価に食べるには自炊は必須。

      そこで、自宅でウナギを美味しく焼く方法を調べてみました。

      ポイントは魚焼きグリルではなく「フライパンで蒸し焼き」にすること。

      蒸し焼きは過度の加熱を防ぎ、お店のふんわり食感に近づけることができるのです。

      ぜひお試しください。

       

      梅干し

      食べ物

      実は梅干しには血流の改善効果が期待できます。

      梅干しが持つ成分と効果について調べてみましょう。

      カギとなるのは梅干しに多く含まれる「クエン酸」。

      クエン酸は糖と結合することで、ムメフラールという成分を生成します。

      ムメフラールは血中コレステロールを減少させ、血液をサラサラに保つ効果が確認されています。

      以上が梅干しの血流改善効果です。

      さらに、梅干しの効果を最大限に活かす食べ方についても調べてみました。

      梅干しの持つクエン酸やリンゴ酸といった有機酸には、カルシウムや鉄などのミネラルの吸収を助ける作用があります。

      つまり、梅干しは骨まで食べられる魚との相性が抜群なのです。

      おすすめは前述の青魚にも含まれるイワシ。

      イワシの煮つけなどの付け合わせに梅干しを食べることで、各食材の血流改善効果を最大限に得られます。

       

      テストステロンの増加部門

      テストステロン

      ここからは、テストステロンを増やす効果が期待できる食べ物です。

      早速いきましょう!

       

      チーズ

      食べ物

      チーズはテストステロン増加効果が期待できる食品です。

      含有成分と効果を詳しく調査してみましょう。

      カギとなる栄養素は「亜鉛」と「タンパク質」。

      各成分の働きは以下です。

      • タンパク質 ⇒ タンパク質合成を高めるためにテストステロンが分泌される
      • 亜鉛 ⇒ 睾丸の代謝が向上しテストステロン分泌量が増加する

      チーズにはテストステロン増加に働く成分が豊富であることが分かりました。

      さらにチーズの選び方、食べ方についても調べましょう。

      市販のチーズは主にナチュラルチーズとプロセスチーズに分かれます。

      おすすめはプロセスチーズ。

      保存期間が長くチーズ特有の匂いが弱いので食べやすいのが特徴です。

      おすすめの食べ方はカットしたチーズをサラダや主菜と和えてトッピングとして使う方法です。

      チーズは基本的に高カロリーな食品です。

      食べ過ぎには注意しましょう。

       

      山芋

      食べ物

      山芋にもテストステロン増加効果があることが分かっています。
      含有成分とその効果を調査してみましょう。
      山芋の含有成分に「ジオスゲニン」があります。
      ジオスゲニンはDHEAというホルモンに似た構造をしています。
      DHEAとは後にテストステロンへと変化するホルモンです。
      つまりジオスゲニンには直接的なテストステロン量の増加が期待できるのです。
      以上からジオスゲニンは天然のステロイドと呼ばれることもあります。
      さらに、山芋の食べ方の注意点についても調べてみました。
      前述のジオスゲニンは熱に弱い特性を持っています。
      ですので山芋からジオスニゲンを効率的に摂取したければ加熱調理は避けましょう
      カットしてサラダにするか、すりおろしてとろろにして食べる方法がおすすめです。

      鶏卵

      食べ物

      完全食と呼ばれる鶏卵にもテストステロンの増加に効果的です。

      早速、成分と効果を調査しましょう。

      卵に含まれるテストステロン増加に良い成分とその効果は以下です。

      • タンパク質 ⇒ タンパク質合成を高めるためにテストステロンが分泌される
      • 亜鉛 ⇒ 睾丸の代謝が向上しテストステロン分泌量が増加する
      • ビタミンD ⇒ 日常的な摂取でテストステロン分泌が活発になる
      • コレステロール ⇒ テストステロン合成の原料となる

      卵にはテストステロン増加に期待できる効果が多いことが分かりました。

      また、卵を食べる際の注意点も調査してみました。

      卵は加熱しすぎると栄養の吸収率が下がることが分かっています。

      吸収効率が最も高いのは半熟の状態

      実は生よりも半熟の方が効率が良いのです。

      以上のことから、卵は温泉卵や半熟オムレツなどで食べるのが最もおすすめです。

       

      牡蠣

      食べ物

      海のミルクと呼ばれる牡蠣にもテストステロン増加効果が期待できます。

      牡蠣が持つ栄養成分と効果について調査しました。

      以下が牡蠣に含まれるテストステロン増加に効果的な栄養成分とその作用です。

      • タンパク質 ⇒ タンパク質合成を高めるためにテストステロンが分泌される
      • 亜鉛 ⇒ 睾丸の代謝が向上しテストステロン分泌量が増加する
      • Dアスパラギン酸 ⇒ テストステロン分泌を促進する

      牡蠣は亜鉛の含有量が特に多く、テストステロン増加や精力改善に効果的です。

      また牡蠣を食べる際の注意点も調査しました。

      牡蠣の最大のメリットである亜鉛は熱に弱い性質があります。

      全ての亜鉛が失われるわけではありませんが、できるだけ加熱調理は避けたいです。

      つまり、テストステロン増加に重点を置くならば、牡蠣は生で食べるのが一番なのです。

      ただし、食中毒には注意しましょう。

       

      羊肉

      食べ物

      羊肉にはテストステロン増加が期待できます。

      早速調べてみましょう。

      羊肉が持つテストステロン増加に関わる成分とその効果は以下です。

      • タンパク質 ⇒ タンパク質合成を高めるためにテストステロンが分泌される
      • カルニチン ⇒ テストステロンの働きを活発にする

      カルニチンはアミノ酸の一種で赤身肉に多く含まれる成分です。

      羊肉の特徴として他の肉類と比べてもカルニチンの含有用が多いことが挙げられます。

      羊肉は良質なタンパク質と豊富なカルニチンによってテストステロン増加を促すことが分かりました。

      次に羊肉の調理についても調べてみました。

      羊肉は豚肉や牛肉に比べて、肉質が柔らかくとても食べやすいです。

      レアでも美味しく食べられますので、ステーキから煮込み料理までどんな調理でも美味しくいただけます。

      羊肉はやや入手しづらいことを除けばとても便利な食材です。

       

      効率的に栄養を摂取するにはサプリメントがおすすめ

      今回は精力がつく食べ物について調査しました。

      自然界から得られる栄養でも精力回復に期待できる科学的な根拠も分かったはずです。

      しかし、精力を付けるために毎日食材を選んだり、調理方法を考えるのは想像以上に大変です。

      衰えた精力を回復させるには長期継続が必須。

      より確実な効果を得たければ、やはり手軽に摂取できるサプリメントを飲むのがおすすめなのです。

      自分の好きなものを食べ、必要な栄養素はサプリメントで補う。

      これがストレス無く長期継続する秘訣です。

      おすすめの精力剤ランキングはこちらで紹介しています。

      精力サプリ研究所トップページ

      精力の衰えを早く何とかしたいという方はぜひ精力剤を試してみてください。