疲れマラ サムネ

 

 

こんにちは!

今回は疲れマラについて解説します。

それでは、早速見ていきましょう!

疲れマラとは?

男性

疲れマラとは疲れている時に、自分の意志とは関係なしに勃ってしまうこと

ばてマラと呼ばれることもあります。

残業が続いている時や、テスト勉強で徹夜が続いている時、ハードな部活の日々が続いている時など。

このような疲れが溜まりやすい生活を送っていると、疲れマラが起こりやすくなります。

本来、勃ちとは性行為や自慰、性的な興奮を感じたときに起こるもの。

性行為以外では、基本的に人前で勃ちを見られることはありません。

しかし疲れマラは自分の意志とは関係なしに勃ちが起こるもの。

場所や時間に関係なく発生します。

つまり場合によっては勃ちを人に見られる可能性もあるということです。

人に勃ちを見られるのは非常に恥ずかしいです。

そのため疲れマラは絶対に治しておきたい症状と言えます。

 

疲れマラの原因

男性

疲れマラになるのには2つの原因が考えられます。

一つ目の原因は、カテコールアミンという物質が分泌されるため

人は長い時間、仕事やハードな運動を続けていると体力の限界を感じます。

その時に分泌されるのがカテコールアミン。

カテコールアミンが分泌されると血管が収縮し血圧が上がるため、海綿体への血流量が増加します。

勃ちが起こるのはペニスの血管の塊、海綿体への血液量が増えるため。

つまりカテコールアミンが分泌されると海綿体への血流量が増加するため、勃ちが起こってしまうのです。

二つ目の原因は子孫を残す本能が働くため

人は体力の限界を感じるほど疲れると「自分の体が危険」だと判断します。

生命の本能といえば子孫を残すこと。

死んでしまう前に子孫を残そうとする本能が働き、勃ちを促進させてしまうのです。

 

疲れマラを改善する方法

ここからは、疲れマラを改善する方法を解説しましょう!

その場でおさめる方法

ここからは、疲れマラが発生した時にその場でおさめる5つの方法を紹介します。

    1.足を浮かせてそのまま留める

    血流

    足を浮かせてそのまま留めることで、疲れマラを抑えることができます。

    勃ちとはペニスの血管の塊、海綿体への血流量が増加して起こるもの。

    つまり海綿体へ流れ込む血液の量を減少させることで、勃ちを収まらせることができます。

    もしくは集まった血液の量を減らすことでも勃ちを抑えることが可能です。

    足を浮かせてそのまま留まらせると、股関節の血管が収縮します。

    その結果、海綿体へ流れ込む血液量を抑えることができるのです。

    椅子に座っている状態ならば両足を浮かせることができるため、より効果的に血流量を抑えることができます

    効果がでるのも30秒程度。

    授業中やデスクワーク、ミーティング中に勃ってしまった時に、行ってみることをおすすめします。

     

    2.全身に力を入れる

    男性

    全身に力を入れることで疲れマラを改善することができます。

    動きも目立たず簡単にできるので、とてもおすすめの方法です。

    全身に力を入れると自立神経の交感神経が優位になります。

    交感神経とは自律神経の一つです。

    自律神経は2種類あり、もう一つが副交感神経です。

    副交感神経が優位に働いている時は、血管が拡張され勃ちが進行されます。

    逆に交感神経が優位に働いている時は血管が収縮し、勃ちが収まります。

    つまり全身に力を入れて交感神経を優位にさせることで、勃ちを抑えることができるのです。

    時間も30秒〜1分程で効果ができます。

    しかし力を入れているときに、顔にも力を入れると明らかに不自然です。

    力を入れるときは、顔に注意して行いましょう。

     

    3.アソコを冷やす

    氷

    アソコを冷やすのも、疲れマラを抑えるのに効果的です。

    寒い時はペニスが小さくなります

    冬場にトイレをするとき、自分のペニスが小さくなっているのに気づいた方もいるのではないでしょうか?

    あれが起こるのは、寒いと血行が悪くなり、ペニスへの血流の量が減少するからです。

    またペニスが小さくなるのにはもう一つ原因があります。

    それは精子を作るのに温度を保つ必要があるからです。

    精子を作るには一定の熱が必要。

    そのため寒さで睾丸の温度が低下すると、熱を逃さないようペニスの面積を小さくする仕組みがあるんです。

    この寒くなった時の仕組みを利用し、アソコを冷やすことで勃ちを収まらせます。

    冷やすものは氷ほどの冷たさは必要ありません。

    缶コーヒーなどで十分です。

    ズボンの上からそっと飲み物を股間に当てるのがおすすめの方法です。

    股間を冷やす目的だと悟られないよう、たまたま飲み物が股間の上にあるように自然に当てましょう。

     

    4.太ももを強くつねる

    つねる

    太ももを強くつねることで、勃ちを抑えられる可能性があります。

    授業中や公共の場などで、自分の意識とは無関係に勃ちが生じてしまった時は非常にあせるもの。

    何とかして勃ちを抑えようと考えるはずです。

    しかし勃ちを無理に抑えようとすればするほど、勃ちが続いてしまう傾向があります

    そのためこの時に大切なのは意識を他のことに向けること。

    物理的な方法として太ももを強くつねるという方法があります。

    太ももなら、つねっても目立ちにくいため疲れマラ対策をしていると思われづらいです。

    また痛みも腕などと比べて大きいです。

    自分の意識が勃ちから痛みに向くくらいに調整して行いましょう。

    とても簡単でバレづらいので、他の方法ができなそうだったら行うのをおすすめします。

     

    5.トラウマを思い出して酷く落ち込む

    男性

    トラウマを思い出すことで、勃ちをおさえることができます。

    トラウマは自分にとって、非常にストレスとなるものです。

    ストレスは体内で闘争・逃走反応が発生します。

    すると腕や足に向けて血液が再び分配されます。

    勃ちが生じるのはペニスへの血液量が増加しているため。

    血液が腕や足に向かいペニスへの血液量が減るため、勃ちが収まるというわけです。

    この方法は頭で考えるだけなので、他の方法と違って全く目立ちません。

    しかしトラウマを思い出すため、とても嫌な気分になるでしょう。

    他の方法ではおさまらない場合に、試すことをおすすめします。

     

    疲れマラを予防する方法

    ここからは、疲れマラを予防する5つの方法を紹介します。

      6.しっかりと休む

      睡眠

      しっかりと休むことで疲れマラを予防することができます。

      疲れマラの一番の原因は疲れが溜まること。

      つまり、しっかりと休むことができれば疲れマラ自体をなくすことができるんです

      そのためには睡眠が大切になってきます。

      1日6時間の睡眠時間を切ると、日中の眠気や体の不調に繋がります。

      出来るだけ6時間〜8時間寝るようにしましょう。

      また睡眠は量だけではなく質も大切です。

      スマホやパソコンを見ると脳が活性化されてしまいます

      寝る1時間前にはスマホやパソコンをいじるのは止めましょう。

      他にもコーヒーを習慣にしている人は要注意です。

      カフェインには覚醒作用があり、18以降に摂ると睡眠の質が下がります。

      18以降のコーヒーは控えましょう。

       

      7.睡眠はホルモンバランスも整える

      テストステロン

      ホルモンバランスを整えるのも、疲れマラを防ぐのに効果的です。

      男性ホルモンが低下してしまうと、体内のホルモンバランスが崩れてしまいます

      ホルモンバランスが崩れると、疲れが取れにくい体になってしまうんです。

      疲れマラは疲労の蓄積が原因。

      つまりホルモンバランスの崩れは、疲れマラの原因になるということです。

      男性ホルモンの低下の主な原因として、しっかりとした睡眠が取れていないことが挙げられます。

      良質な睡眠には成長ホルモンを分泌させる作用があります

      これは子供だけではなく大人も同様です。

      しっかりと成長ホルモンが分泌されると、正常な男性ホルモンが分泌され、精子の製造にも繋がります。

      しかし睡眠時間が少なかったり、睡眠の質が低かったりすると、成長ホルモンがしっかりと分泌されません。

      つまり男性ホルモンを増やすためには、良質な睡眠が必要なのです。

       

       

      8.食生活に気を付ける

      食生活

      食生活に気を付けることも疲れマラを防ぐのに効果的です。

      食生活が悪いと体力の回復が遅れ、疲労が溜まる原因に。

      特にインスタントラーメンばかり食べている人は要注意です。

      インスタントラーメンに含まれている化学化合物は、疲労回復に必要なビタミンミネラルの吸収を邪魔してしまいます。

      しかし忙しいときには一々栄養を考えてご飯を作るのは面倒。

      そういう方のために、コンビニでも買える疲労回復におすすめの食べ物を紹介します。

      まずおすすめするのがカットフルーツ・冷凍フルーツ

      カットフルーツは忙しいときにでもすぐに食べられます。

      また疲労回復に必要なビタミンやミネラルの補給にもぴったり。

      グレープフルーツを摂れば、クエン酸も摂れるのでおすすめです。

      今では冷凍フルーツも充実しているので、冷凍庫に溜めておけばいつでも食べることができます。

      そしてもう一つおすすめなのが納豆。

      納豆は精子の成長を促進させるビタミンやミネラルがバランスよく含まれています。

      毎日のご飯に一個付け足すだけなので、とても手軽に取り入れられます。

      これらの食品は忙しくても簡単に付け足せるので、毎日のご飯に取り入れてみましょう。

       

      9.適度な運動をする

      男性

      適度な運動は、疲れマラを防ぐのに効果的です。

      理由としては体力を付けることができるからです。

      疲れマラが起こる原因は疲れが溜まっているから。

      普段から運動をして体力を上げることで、疲労の限界量を上げることができます

      また適度な運動にはリフレッシュ効果も期待できます。

      つまり適度な運動を行うことによって、肉体的にも精神的にも疲れにくくさせることができるんです。

      そしてもう一つ適度な運動が疲れマラに効果的な理由があります。

      それは血流を分散させること。

      適度な運動は血流を全身に循環させます。

      勃ちが生じるのはペニスへの血流量が増えるため。

      つまり適度な運動を行うことによって血流が分散されるため、勃ちが起きにくくなるんです。

       

      10.精力サプリを飲んで体内のバランスを整える

      サプリメント

      精力アプリで体内のバランスを整えることで、疲れマラの予防ができます。

      疲れマラが起きてしまう原因は、疲れが溜まってしまうため。

      また疲れが溜まってしまうのにも、加齢による男性ホルモン分泌の低下などが大きく関わっている場合があります。

      そんな時におすすめなのが精力サプリ。

      効果的な精力サプリにはホルモンバランスを整える成分が配合されています。

      つまり疲れの原因である男性ホルモンを増やす効果があるんです。

      また精力サプリには血行の状態を整える効果もあります。

      血行の状態を整えることは疲れにくい身体を作る上で大切です。

      つまり精力サプリは疲労に対して、とても良い効果が期待できるんです。

      その結果、疲れマラの予防が可能になります。

      しかし精力サプリはたくさんあって迷ってしまいますよね。

      こちらにおすすめの精力サプリをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

      精力サプリ研究所トップページ

       

      疲れマラは予防することが可能

      疲れマラに悩んでいる男性は意外と多いです。

      それもそのはず、疲れマラは非常にやっかいです。

      勃ちを他人に見られることはとても恥ずかしいこと。

      それなのに自分の意志とは関係なしに勃ちが起きてしまう。

      それも場所と時間は関係なしに。

      その場所が職場や学校、公共の場所だったら非常に困りますよね。

      また疲れマラが理解されることは少ないです。

      大半の人は勃ち=性的なことを考えていたと結びつけます。

      特に女性は疲れマラを知らない人も多いでしょう。

      そのため疲れマラは、とても損をする症状なんです。

      しかし方法さえ知っていれば、勃ってしまってもおさえることができます。

      また疲れマラ自体も予防して、起こさないようにすることも可能です。

      この記事を参考にして、疲れマラの悩みからは開放されましょう。