ポルチオ サムネ

 

 

こんにちは!

今回は女性にとって最高の性感帯「ポルチオ」について解説します。

開発のコツや、開発しやすい体位を紹介するので、ぜひ参考にして下さい!

そもそもポルチオってどこにあるの?

女性

ポルチオの場所はGスポットよりも更に奥、子宮の入り口近くにあります

子宮口辺りにすこし飛び出てコリコリしている部分があれば、そこがポルチオです。

未開発だと刺激されても痛いことが多いポルチオですが、しっかり開発すると病みつきになってしまうほど気持ちいいとのこと。

クリやGスポットを刺激すると、子宮口が降りてくるためポルチオへの刺激が準備できた証拠です。

 

ポルチオを開発するコツ

まずはポルチオを開発するコツを見ていきましょう!

クリでイカせておく

女性

まずクリで外イキさせておくことがコツです。

ポルチオは女性が感じやすい状態になっていないと通常では触りづらい場所にあります

まずは外イキで十分にイッて、アソコがしっかり濡れていたら実際にポルチオを触ってみましょう。

充分に濡れている状態で指を挿入すれば痛みを与えることはほとんどありません。

ポルチオは膣の奥、子宮口付近にあります。

一般的にはコリコリした感触と言われていて、出産を経験した方のものは柔らかく「プルプル」しているそうです。

ムニュっとしているという人もいるので多少は個人差があるかもしれません。

 

あくまで優しく刺激する

男女

ポルチオが見つかったら、優しく刺激するのがコツ

ポルチオは非常にデリケートな部分なので、まずは優しく押してみて反応を確かめるのがよいでしょう。

刺激する場所も、真正面から突くのでなく上の部分や下の部分を意識してみるとより快感を与えることができます。

トントンと軽く小刻みにノックされるのが好きなのか、ググ~っと優しく押し付けられるのが好きなのか。

よく女性を観察して喘ぎ声が大きくなるやり方を丁寧に繰り返しましょう。

ポルチオは感じやすい場所である反面、刺激を与える場所を間違えると強く痛みを感じてしまう部分でもあります。

刺激の与え方に注意して、まずは優しく刺激することを優先しましょう。

 

一定のリズムで刺激する

男女

グッと押し付ける時も奥をノックする時も、一定のリズムで刺激することを心がけましょう

これはどこの部位でもそうですが一定のリズムはイキやすくなるからです。

男性が自分でするときも一定のリズムの方が気持ちいいですよね。

女性も同じで、淡々と気持ちいい場所を同じリズムで刻むのがイキやすくなる土台を構築してくれます。

特にポルチオは開発されていない女性が多く、快感が分かっていない方も多いです。

性感帯の開発は一定のリズムを気持ちいいと覚えさせることでもあります。

緩急をつけられてしまうと、気持ちよさが分散してしまいポルチオの開発には結びつきません。

ポルチオ開発は、いかに女性にポルチオの場所を意識させるかが鍵になってくるでしょう。

 

ポルチオを開発しやすい体位10選

ここからは、ポルチオを開発しやすい体位を10個紹介しましょう!

正常位

 

ポルチオ開発をしやすい体位の一つは正常位です。

正常位とは仰向けに寝そべっている女性に、正面から覆いかぶさるように挿入する基本の体位。

正常位は男性が動きやすく、自由度が高いため角度や動きが調整しやすいです。

狙った部位を刺激しやすいことから、ポルチオの場所もピンポイントに狙いやすいでしょう。

女性の顔を見ながら観察もできるので反応を確かめてコントロールするのがコツ。

アソコのサイズによっては奥まで届きにくいのが難点です。

できるだけ密着してみたり、片足を抱えたりと奥まで届かせる工夫が必要になってきます。

正常位でポルチオを開発することをマスターすれば、女性をメロメロにできることは間違いありません。

 

対面座位

対面座位はポルチオ開発しやすい体位の一つです。

これは向かい合って座った状態になることで、重力のおかげでアソコが奥まで届きやすいため。

対面座位はいきなりその体制から始まることは少なく、正常位や騎乗位の流れのつなぎの体位として使うことがほとんどです。

男性も女性も当たるところをコントロールできるので、お互いが気持ちいい場所を模索しながら行為を続けることができます。

すでに開発されている女性なら、自分から奥に当たるように動けるのでとっても気持ちいい体位でしょう。

これから開発するのであれば男性がリードして体位を調整しなければなりません。

女性の腰やお尻に手を添えて、動きをサポートしてあげるとスムーズに刺激を与えることができます。

 

屈曲位

屈曲位は、ポルチオを刺激し開発しやすい体位の一つです。

正常位から女性の足を胸の方へグッと折り曲げた状態で挿入することでより深い挿入が可能になります。

女性のアソコが上に向くのでGスポット~ポルチオに当てやすくなることも屈曲位をおすすめする理由です。

女性のアソコの付き方によっては苦痛となってしまう場合があるので注意しましょう。

正常位にしっかり気持ちいいと反応してくれれば問題ありません。

屈曲位でポルチオを開発する時のポイントは、円を描く動きを意識すること。

ポルチオへ当たりやすく、男性も動きやすいこの体位。

トントンとノックしようとすると痛みを感じてしまうことがあります。

グリグリと押し付けられる圧迫感くらいが丁度よいでしょう。

体の硬さによってはキツい姿勢になるので、相手の女性に合わせて折り曲げる角度を調整してくださいね。

 

松葉崩し

松葉崩しもポルチオ開発に向いている体位の一つ。

男性と女性の足が交差して、アソコ同士がピッタリくっつく松葉崩しもポルチオ開発に適しています。

体位は少し特殊で女性を仰向けに寝かせて、片方の脚を上げます。

男性はその上げた脚を抱えながら、上げていない方の脚にまたがって挿入します。

お互いの股の付け根がくっつくから、とっても深く挿入することが可能です。

松葉崩しも、ポルチオに届いた状態でアソコを押し付けてグリグリ動くのがポイント。

同時にクリも擦れて刺激できるので、女性が快感を得やすくなります。

この体位も、男性が動きやすく勢いよく腰を振ることに注力してしまいがちです。

コントロールのしやすさを活かして、優しく刺激することを心がけてみてください。

 

獅子舞

獅子舞の体位は知る人ぞ知る体位の一つ。

対面座位のバリエーションの一つで、足を伸ばして座っている男性の肩に、女性の足を乗せた対面座位の形が獅子舞です。

この時女性は後ろに手をついて、男性は女性が倒れないように腰を支えてサポートしてください。

対面座位のバリエーション技ですが、普通の対面座位よりもさらに深い挿入が可能です。

ピストン運動で深い刺激を与えるというよりも、深い挿入を活かしてポルチオをトントンと刺激することで効果を発揮します。

奥に振動を伝えるイメージをことがよいでしょう。

体力の消耗が激しい体位なので長時間の体位のキープはできません。

体位がワンパターンにならず、バリエーションも求めるならもってこいの体位です。

 

後背位(バック)

後背位はポルチオを刺激できる体位の一つです。

四つん這いの女性の後ろから挿入する、動物のようなスタイル。

女性のアソコの付き方によって深い挿入ができるのがポイントです。

女性のお尻をなるべく高く、突き出してもらうとより奥まで届きやすくなります。

この体位は男性が腰の動きを容易にコントロールできるので、ポルチオを確実に刺激することが可能です。

激しく突くのではなく、アソコで撫でるように刺激するか優しくトントンするようにしてください。

空いた手で胸やクリなど他の性感帯を愛撫するのもいいかもしれません。

女性にとっては疲れやすい体位ですが、上半身をクッションや段差に預けたりお尻の高さを変えると楽に感じます。

男性は女性に負担がかからないように気遣いながら周りの状況を整えてあげるのがいいですね。

 

立ちバック

立ちバックもポルチオ開発に向いている体位です。

女性の手を壁や台につかせて、後ろから挿入します。

女性はお尻を突き出すような格好になるので、奥まで届きやすいのが特徴です。

鏡やガラスに張り付くと、視覚的に女性を興奮させやすくなります

ポルチオを刺激するときのコツは、短いストロークで確実にポルチオを捉えてトントンと刺激することです。

長いストロークでピストンしてしまうと痛みを感じてしまうので注意しましょう。

男性と女性との間に身長差があると負担が負担が大きいことが欠点です。

椅子や台を使い、ポジションを工夫してみるのをおすすめします。

あくまでポルチオを開発することに重点を置き、刺激を与えることに注力しましょう。

 

騎乗位

騎乗位は女性が位置をコントロールできる唯一の体位。

女性主導でのポルチオの刺激にむいています。

自分の気持いいところを探して動けるので、無理なくポルチオを開発することが可能です。

騎乗位を恥ずかしがってできない女性もいます。

恥ずかしくならないように、男性側がリードしてあげるとよいでしょう。

男性は騎乗位をしている間に胸やクリなどの他の性感帯を触ることがポイントです。

女性側も興奮して自分をさらけ出しやすくなります。

ピストン運動に注力しがちになってしまいますが、グラインド運動をするように誘導してもよいです。

いつものポルチオへの刺激とはまた違った刺激を与えることができ、ポルチオ開発をより進めることができます。

 

ロールスロイス

ロールスロイスは人気男優しみけんさんが考案した「究極の体位」です。

膝立ちで前に手をついた女性の後ろから、男性は下から突き上げるように挿入します。

その後女性の肩か腕を手前に引いて、胸を反らせると体位は完成です。

ロールスロイスは男性が女性の肩を持つことでポルチオへの刺激が逃げなくなります。

振動がきちんとポルチオに伝わるので、女性も快感を得やすく最近人気の体位ですね。

ロールスロイスまでできる男性はほとんどいないので、これができると女性から「行為が上手い人」認定をもらいやすくなります。

ポルチオも開発しやすい体位なので、一度やってみると病みつきになってくれることまちがいありません。

 

寝バック

寝バックは、女性が最もイキやすい体位としても有名です。

うつ伏せに寝ている女性の上から、覆いかぶさるように挿入します。

奥まで入りやすくポルチオを刺激しやすく、女性もリラックスできるのでおすすめです。

うつぶせの状態なので余計な力が入らず、ポルチオを刺激される感触に集中することができます

挿入の角度がしっくりこない時は、女性のお腹にクッションを挟んだりして少しお尻を上げてもらうと調節しやすいでしょう。

男女どちらの負担も少なく、じっくり開発するのに最適な体位です!

ピストン運動を一生懸命するのではなく丁寧にトントンと刺激することを心がけるとよいでしょう。

 

ポルチオ開発で重要なポイント

ここからはポルチオ開発で重要なポイントを見ていきましょう!

丁寧な刺激を心がける

男女

ポルチオの開発は丁寧な刺激を心がける必要があります。

ポルチオは非常に敏感な部位の一つなので、刺激を強くしすぎると女性も痛みで耐えられなくなってしまうからです。

無理に刺激を与えようとガンガンと突いてしまうと痛みを与えてしまいます。

トントンと刺激を与えてじんわりと開発していくことでじんわりと刺激を与えることができるでしょう。

丁寧な刺激は、女性にとっても男性の行為の上手さを評価する重要な指標になります。

男性は女性からポルチオへの刺激の仕方を評価されていることを理解して行動しましょう。

 

アソコの大きさ

男女

ポルチオの開発ではアソコの大きさも重要です。

ポルチオは女性のアソコの奥にあるため、アソコのサイズが小さいとポルチオを開発しようと思っても届かせることができません。

オナホメーカーとして有名なTENGAがインターネットで50万人以上の男性のサイズを調査した結果、

判明した日本人の平均的なアソコのサイズは長さ13.56センチ、太さは3.19センチでした。

アソコが平均男性よりも小さいかもと思ってしまった男性は、下記の記事を参考にチントレをすることをおすすめします。

チントレをすれば、アソコの大きさや太さも一回り大きくなり、女性からの満足度も上がるハズです。

 

ポルチオ開発への情熱

男女

女性は自分でポルチオ開発をすることができません。

男性の協力が必要不可欠ですが、難しく時間がかかります。

そのため絶対に開発してやるという強い情熱を保ち続けなければなりません。

強い情熱を保ち続けるためには性欲を高めることが必要です。

以下の記事を参考にして性欲を高める精力剤を飲みましょう。

精力サプリ研究所トップページ

性欲を高めることができれば、ポルチオを開発することへの情熱が失われることはありません。

 

根気よくポルチオを開発しよう

ポルチオ開発をしている女性は少ないので、一度開発をしてあげれば女性はアナタのトリコになりやすくなります。

非常に難易度が高いため、まだ経験が少ない男性にとってはハードルが高いかもしれません。

ポルチオ開発はいきなり刺激を与えることを優先するのではなく、ゆっくりじっくりと刺激を与えることが大切です。

痛みを与えてしまうとリピートもされづらく、お互いに萎えてしまう可能性も高いポルチオ開発はまさに諸刃の剣。

今回のポルチオ開発の記事を参考に、ゆっくりとポルチオ開発をしていきましょう。